いつも頑張るあなたへ。【真木あかりの12星座占い・2023年1月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や恋愛、家庭で頑張るあなたへ。占い師・真木あかりさんが、12星座ごとに、毎月の運勢を占います。あなたの行動のひと押しになりますように。

1月の星回り

新しい1年が始まります。2023年は3月にインパクトの強い節目が来る年。どなたも努力すべき目標が変わったり、時代の変革の流れを感じたりと、意識から変わっていくでしょう。そんな1年ですが、スタートとなる1月はちょっぴりスロースタート。不完全燃焼気味だったり、物事が思うように進まずもどかしいかもしれません。でも、“そういう時期”なので、焦らなくて大丈夫。月の中旬に向かう頃。段階的に解消して調子が出てくる見込みです。

おひつじ座(3月21日〜4月20日)

全体運
月の中盤まではすべての運気が滞っているように感じるかも。ただ、それも一時的なこと。月の中旬頃、徐々に調子が出てくるはずなので、焦る必要はまったくありません。ちょっぴり遅れをとったとしても、月の後半には一気に取り戻していけるはずです。やるべきことをこなしつつ、少しのんびりと2023年を楽しんでいきましょう。

恋愛運
なんとなくいい予感はあるものの、月の中盤まではコミュニケーション全体がモタつきがち。連絡をしてもなかなか返信がない、相手の気持ちがわからないといったもどかしさがあっても、そういう星回りの時期と思ってどっしり構えておいて。月の下旬は友達が好アシストしてくれるかも。紹介を頼んだり、グループデートを楽しんだりするといいでしょう。

仕事運
待たされることが多い割にハプニングばかりが多く、落ち着かない1年のスタートに。18日を過ぎればだんだんスムーズに回るようになるので、それまでは大きな飛躍は先送りして、じっくりとやるべきことを進めるようにするといいでしょう。情報が錯綜する時期でもあるので、転職・独立といった大きな方向転換を考えている人は、2月から頑張るつもりでいるとよさそうです。

おうし座(4月21日〜5月21日)

全体運
大勢でワイワイ過ごすより、ひとりでのんびり過ごすことが楽しく感じられる時期。大きな動きがあるのが金運です。大きな出費からマネープランまで、年明け早々の判断は不完全燃焼感が強く、結局あとで仕切り直しになる可能性大。月の後半になると安定してくるので、マネープランを立てるならこの時期でしょう。貯蓄は目標があると頑張れます。旅行費用、留学費用など、具体的に設定を。

恋愛運
恋を探している人は、仕事つながりで素敵な出会いが期待できそう。もちろん仕事でベストを尽くしたあとでの“サブ”的な扱いになるのですが、仕事に運も気力も全投入! という状態になると、恋を後押しする運も仕事運に吸収されてしまいそう。それほどまでに真剣に仕事に向かうのが、この時期のあなた。その横顔に惹かれる人も、いるのかもしれません。

仕事運
きらきらしたチャンスが巡ってくる、充実した時期。月の前半は自分が活躍できるチャンスを見失いがちで、正直なところ迷うことが多いのかも。ただ、月の後半になれば俄然、自分を活かせる場所や役割を見出していけるはず。2020年末あたりから自分を鍛えるようにして積み重ねてきた経験も、ここで日の目を浴びるかもしれません。

ふたご座(5月22日〜6月22日)

全体運
自分のなかの情熱や怒り、闘争心などを、自分にとって良いものとして役立てようと模索中のふたご座さん。昨年10月末頃から、そうした意欲が一時的に滞る時期に入っていました。もどかしい思いもあったかもしれませんが、この1月中旬頃からだんだんとスムーズになっていきます。前よりもずっと、やる気や情熱をうまく使いこなせるようになっている人も多いでしょう。1月末、それを実感することになりそうです。

恋愛運
相手の本心や今後のことを深読みしすぎて、自分で自分を追い詰めるような状態に。「愛するとはどういうことなのだろう」と、正解のない問いを抱えて自問自答することも多そうです。一見すると考えてもさほど意味はなさそうなものですが、時間が許す限り向き合ってみるのは悪くない選択。というのも、自分なりに答えを見出すことで、今後の迷いを減らせるから。以前よりもずっと素直に、好きな人を大切にできるようになるはずです。

仕事運
なんとなく自分がちぐはぐな行動をしているようで、迷ってばかりの1ヵ月に。視野を広げるべきところで自分を抑えてしまったり、物事に集中して取り組もうと思ったらタイミングに恵まれなかったりと、もどかしさが募ります。おそらくですが。今のあなたが想像するよりも、物事はもっとイージーであるはず。気楽に、流れに身を任せて動いてみると後半では一気に解決をはかっていけそうです。

かに座(6月23〜7月23日)

全体運
年明け早々、ここまで頑張ってきたことが報われたと思えるような出来事がありそう。他人からどう思われているか、どんなふうに判断されるのかといったことはまったく気にしなくてOKです。それよりも、自分が選んだ道に納得がいくように、目の前のことと丁寧に向き合っていけるといいでしょう。月の後半は若干、フラストレーションを溜めやすい暗示も。上手に気分転換を。

恋愛運
長く続く愛を育んでいける時期。ここ2年ほど、自分で自分を鍛えるような時期が続いていたわけですが。それが人を愛する能力に現実的な忍耐力を授けてくれているでしょう。ただ、現状でふたりの間に何らかの問題がある場合、「我慢することで嵐が通り過ぎるのを待つ」という選択をしがちになるのは要注意です。話し合いをする場合は、月の下旬がちょうどいいタイミングに。

仕事運
キャリアに素晴らしい追い風が吹いています。ここから5月中盤までの間、目指すものがあれば自ら行動を起こしてみることを忘れずにいてください。この時期、チャンスの可能性を増やすのは常にあなた。待っているばかりではなかなか得られない運も、アクティブに行動を起こすことで見えてきやすくなります。頑張りがいのある好調期、ぜひ楽しんで。

しし座(7月24日〜8月23日)

全体運
柔軟性が大事な時期。人間関係も生活も、この時期は何かと土壇場での変更、普段とは違う展開が起こりやすいのです。計画や予定にこだわりすぎるとあっという間に行き詰まってしまうので、その場その場で最適な判断をして乗り切りたいところです。幸い、こうした混乱は月の半ばあたりから徐々におさまっていきます。混乱もずっと続くものではないので、上手にやり繰りしていきましょう。

恋愛運
パートナーシップに優しい追い風が吹く時期。未婚カップルであれば、そろそろ結婚や同棲といった「一歩前に進む」という出来事が期待できるでしょう。ふたりにとって大事な約束をしたり、これまでとは違う関係性が生まれたりすることも。恋を探している人にとっても嬉しい時期です。「この人とは、これから先ずっと一緒にいるだろうな」と直感が働く人と出会える予感です。

仕事運
想像以上にバタバタしそうな1ヵ月。特に月の中旬までは、話を取り違えて仕事が二度手間になったり、無駄が多くやり直しになったりと、想定外の展開も多々ありそう。普段は仲のいい同僚とピリピリしたムードになることも。ただ、月の下旬にはそうした「うまくいかない感じ」は解消に向かっていきます。遅れ気味だったことも一気に取り戻して、あなたらしく頑張っていけるでしょう。

おとめ座(8月24日〜9月23日)

全体運
仕事もプライベートも、年明けから想定外のことがいくつも起こり対応に追われそう。ただ全体としてはスロースタートなので、「骨折り損のくたびれ儲け」的な印象もあるかもしれません。ただ、下旬には調子が出てくるので悲観する必要はないでしょう。やるべきことをやったら、流れにまかせる。ハプニングは楽しんでしまおう──そんな気分でいると、いつもとは違うミラクルも見えてくるはずです。

恋愛運
好きな人のために「尽くす」ような時間が多くなりそう。忙しい相手のために何かしてあげたいと考え、行動に移していけます。あなたらしい、きめ細やかな気配りが相手の心を打つときではありますが、先回りしすぎるとお互いの「ちょうどいい」にズレが生まれそう。「やっておこうか?」と、ひと声かけてから行動を起こすと、あなたの優しさが愛として伝わりやすいでしょう。

仕事運
月の前半はちょっぴり調子が出にくい様子。やりたいこととやるべきことがうまく一致しないなど、持ち前のやる気を持て余すようなことが起こりやすいかもしれません。ただ、月の後半になればあなたを取り巻く環境とやる気がビシッと噛み合い、自分らしく頑張っていける見通しが出ているので心配ご無用。キャリアにおける頑張りどきが訪れる人も多いので、チャンスと思ったら行動を。

てんびん座(9月24日〜10月23日)

全体運
既成概念の枠にとらわれることなく行動できる楽しい時期。「新年だから頑張ろう!」と気合を入れるよりも、「皆で仲良く、気楽にやってこ!」というノリのほうがうまくいくでしょう。肩の力を抜くことの大切さやメリットを、この時期の星回りが教えてくれそうです。なお、家族など身近な人には、ちょっぴりワガママが出てしまいそうな予感も。「しょうがないなあ」なんて言ってもらっているうちに、ほんの少しでも軌道修正を。

恋愛運
恋愛運は絶好調。パートナーがいる人は頼もしく絆を強めていく時期ですし、恋を探している人にも月の下旬に嬉しい出会い、進展がありそうです。この時期は何かと、会社のOBや同級生など、かつて同じ場所でともに過ごした仲間との再会、接触が多そう。楽しみながら人とつながっていくといいでしょう。楽しいばかりでなく、地に足のついた恋ができるときでもあります。

仕事運
仕事始めの段階からさっそく嬉しいことがありそう。ここまでの頑張りが評価されたり、キャリアにおいて次の目標が見えてきたりと、わくわくしながらやる気を高めていける人が多いはずです。人間関係も重要な課題。クライアントや上司など、一対一の関係においては前向きな動きがありそうです。ただ、対象が同じ部署のメンバーなど「仲間」になると、ちょっと行き違いも。メンバー間で仲がいいチームほど、情報共有が大事です。

さそり座(10月24日〜11月22日)

全体運
18日頃までは何かとハプニング含みの予感。言ったことがうまく伝わっていなかったり、何かと返事を待たされたりと、もどかしい思いも強まるかも。ただ、イライラしても状況が良くなるわけではありません。できることをやったら、あとは運を天に任せるつもりでのんびりやっていきましょう。公共交通機関の混乱にも遭遇しやすい予感なので、時間に余裕を持って行動を。月の下旬には、こうした動きは収束します。

恋愛運
ホッとするような雰囲気を楽しむ、あるいはそうした人を心が求める時期。ドキドキする時期を過ぎ、家族のような雰囲気が出てくる人もいるでしょう。進展はゆっくりですが、実はこのくらいのスピードがさそり座さんには心地よかったりするかもしれません。親や親友に挨拶に行くなど、ふたりの未来を見据えたアクションも功を奏します。なお、ドタキャンや連絡が遅いことには、目をつぶってあげたいところ。そういうことが起こりやすい時期です。

仕事運
月の前半は視野を広げることに向いた時期なのですが、いろいろと勘違いが多い時期でもあります。見聞きしたことはそのまま鵜呑みにせず、別の角度から調べたり、一次情報に当たったりと掘り下げることを大切にしましょう。面倒で時間はかかっても、そのほうがいい仕事ができるはずです。また、月の中旬までは「念のため」の確認が功を奏するよう。しつこいかな、と思っても再確認を。

いて座(11月23日〜12月21日)

全体運
対人関係において煮え切らないものを感じていた人は、今月の後半からちゃんと話ができるようになりそう。素直になれない、ホンネが言えないといった感覚があった人も、本気でぶつかっていくことができるでしょう。衝突を恐れることなく話してこそうまくいく時期ではありますが、それでも「ケンカのためのケンカ」になってしまうと本末転倒なのも確か。お互いに、「話し合いの結果、どうなりたいか」を共有してから口をひらいてみては。

恋愛運
ハッピーなムードがいっぱいの時期。この時期の愛は、表面上は軽やかでも、地に足のついた堅実さ、真剣さがしっかりとそなわっています。一生懸命だからこそぶつかることもあるかもしれないのですが、そんなときはいつも愛がベースにあることを思い出してみてください。大事だから、一生懸命なのだ──そう思えば、あなたはちゃんと言葉や行動を、冷静に選んでいけるでしょう。

仕事運
得意なことや活かしたいスキルが、ちょっとズレて発動することに。普段なら目をつぶっていても(というのは例えですが)うまくいくことが、ちょっと苦戦することになるのかもしれません。ただ、それも今まで気づかなかった弱点を埋めることにつながるはず。腰を据えて向き合ってみると強みにしていけるでしょう。月末には混乱もおさまるので、期間限定の頑張りどきです。

やぎ座(12月22日〜1月20日)

全体運
日常がイレギュラーな空気に満たされています。手順通りやっても、想定外のことが起こりやすいようで、コミュニケーションもどこかちぐはぐです。「ゆっくり前に進む」「進めないときは方向転換もOK」と思っておくと乗り切りやすいでしょう。こうした時期ですが、金運は好調です。3日以降はショッピングに出かけると、いいものがお手頃な値段で見つかるでしょう。ネットショッピングも楽しいものですが、リアル店舗のほうがミラクルは多そうです。

恋愛運
いつもならスルーできるような小さなことが、この時期は妙に気になってそわそわと落ち着かない気分に。ただ、ほとんどの場合は考えすぎで、相手にとってはなんでもないこと。メッセージを連投したり、相手が言ってもいないことを「それってこういう意味?」と確かめたりはしなくて大丈夫。ピンポイントですが、三が日と7日前後は前向きな出来事が起こりやすいので、行動を起こすならここでしょう。

仕事運
全体運と同じく、想定外のことが起こりやすい時期です。18日までは思わぬ勘違いをしたり、されたりしやすいので、念には念を入れて確認するといいでしょう。また、出たとこ勝負でいくとツキに恵まれにくいよう。外出や出張を控えている場合は下調べを入念に行い、モバイルバッテリーを鞄に入れておくなど、万全の準備をしておきましょう。

みずがめ座(1月21日〜2月19日)

全体運
明るく広がりのある運気です。学びの時間を持ったり、趣味に没頭したりと、プライベートの充実をはかってこそ仕事や学業にも力が入るでしょう。新しいことを始めてみたいと考えている人は、22日前後のスタートがおすすめ。滑り出し好調で長続きもするだろうと思います。始めてみて気づくこともたくさんあり、わくわくする楽しさに満たされるはず。

恋愛運
3日、恋愛運がグッと上昇。13日頃までは自分のなかの情熱をどう扱っていいのか迷うふしもあるかもしれませんが、好きという気持ちがあるなら素直に出していけると素敵です。この時期はなぜか「思いはあっても、ぴったりの言葉が見つからない」という人も多いのですが、自分としてはつたない表現でも、相手はしっかりと思いを汲み取ってくれるでしょう。見つめる瞳から、愛を感じてくれると思います。

仕事運
表面的には動きが少なめな時期ですが、物事は水面下で着実に進行しているよう。「始まるのは確実だが、待ちの状態」というステータスの物事がある人は、できる準備から始めておくといいでしょう。下旬になってばたばたと、察して動くようなことが増えてきます。その一方で、フットワーク軽く行動を起こすことで可能性が広がる時期でもあります。勉強会やセミナー、講演などにもツキが。

うお座(2月20日〜3月20日)

全体運
のんびりムードの1ヵ月。古い知人と会ったり、かつての夢を思い出したりと、どこか過去を振り返るようなシーンが多いかもしれません。過去と現在は地続きですから、そうすることで描ける展望があるのでしょう。月末、いい予感が頭に浮かぶ暗示も出ています。思いついたことがあればメモしておくと、あとで役立つはずです。家族や住まいのことで煮え切らない思いをしている人は、月の後半にパワフルに解決していけるタイミングが訪れるでしょう。

恋愛運
恋について、ずっと頑張ってきたことがある人は、月初にその努力が報われる予感。全体としては、「恋の傷を癒す」「いらない思い込みを手放していく」という、心のなかの整理がはかどる時期となりそう。幸せな恋をするために、ケアとデトックスをするのですね。そうすることで、月末から2月中旬まで訪れるハッピーな恋の季節を、万全の体制で迎えることができるはずです。

仕事運
チームワークが大事な仕事は情報共有が命。オンラインでもオフラインでも、積極的に話す時間を持って、お互いのビジョンをすり合わせておきましょう。また、今月から5月中旬までは、スキルの伸ばしがいがある時期です。現状に甘んじることなく、ちょっと高めのハードルを目指してみるのもプラスに。腕を試せるような仕事があればどんどんトライしてみるといいでしょう。

llustration by コナガイ 香

5月16日生まれの横浜育ち。
2012年、イラストレーターとして独立。主な仕事は雑誌、書籍、web、広告等多岐にわたる。 2014年、タイ・バンコクにて個展開催。 帰国後、都内ギャラリーと新潟ラフォーレにて個展開催。 2018年より、より一層幅広い仕事に携わりたく、 今までのテイストやタッチに縛られずリスタート。

※記事の内容は公開時点の情報です。価格等の情報については変更している可能性がありますのでご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いたライター
真木あかり
真木あかり
四柱推命、占星術、九星気学等を用いて鑑定・執筆を行う。『2021年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)など著書・連載多数。監修アプリはLINE占い、Yahoo!占い。
執筆記事一覧
この記事の関連記事